おやつ

  • ¥ 648
  • SOLD OUT
  • 滋養強壮に最適な鹿肉ミンチに鹿の骨粉を加えて細かいジャーキーに。ワンちゃんの骨や歯に大切なカルシウム分を摂取できます。 < 京丹波自然工房さんのHPより > 愛犬にどんな食べ物を与えていますか? 保存のしやすさやコスト面から、穀物や肉副産物が入ったドライタイプのドッグフードが人気のようですが、もともと草食動物ではない犬にとって、穀物はちょっと苦手な食物。また肉副産物には病気や薬品まみれの肉が混ざっているケースもあります。そんなカラダに適さない食物は、アレルギーや肥満、生活習慣病の原因にもなりかねません。 犬のカラダは、歯の形状から腸の構造まで、すべて肉食に適したものになっています。つまり、新鮮で安全なお肉や内臓こそが、犬にとって理想のフード。しかしながら、抗生剤やホルモン剤の入った飼料で育てられた牛や豚や鶏では、安全性に問題があります。そう考えた私たちがたどりついた答えが、京都丹波の野生鹿でした。鹿はもともと体温が高く寄生虫や雑菌がつきにくい動物ですが、京丹波自然工房では、専用工場で解体・処理するなど、さらに衛生面・品質面に配慮。食品衛生法による食肉処理業として、認可を受けた施設から、商品をお届けしています。 京都丹波の野生鹿のおいしさを、新鮮なまま愛犬へ。 毎日のことだから、口にするものだから、その思いは私たちも同じです。 私にとって犬は、狩猟のパートナーであり、心を癒してくれる家族です。 ですから、犬の健康管理にはふだんから気を配っています。 さまざまな種類のフードを試しては、より良いフードを選んできました。 猟期に入ると、犬の運動量は格段に増えます。筋力やスタミナを落とさないよう、 いつものフードに、捕獲した獣肉の赤み肉や内臓を足して与えていました。 そうする中で、犬の目の輝きや毛艶、スタミナが違ってくるのを実感していました。 猟から帰ると狩ったばかりの肉をその場で解体し、焼いて食べている仲間、 端肉を喜んで食べる犬たちを横目に、私は箸が進みません。 なぜなら、獣を解体する猟師小屋は、不衛生なところが多かったからです。 その場を見た誰もが、獣肉を口にすることをためらうことでしょう。 ある日テレビのニュースで、人が食する獣肉は食肉処理基準に沿った施設で 解体・流通させることが義務付けられたと知りました。私は思わずうなずきました。 「でも、これって人間だけの問題じゃない!愛犬にとっても同じはず!」 ペットフードについて調べていくうちに、その食材にも、加工方法にも 何の規制もないことがわかりました。もちろん、衛生基準もありません。 ネット上で売られているものは、不衛生な猟師小屋で解体されたものがほとんど。 しかも数少ない食肉処理施設から出ているものは、賞味期間を過ぎたり、 売り物にならず廃棄する肉を販売しているのが実態でした。 他人に委ねて、素性がわからない肉を買って与えるくらいなら、 自分自身が捕ってきた肉を、食肉処理基準に則り解体して与えるのが いちばん安心で安全。当然のことですが、そんな結論にたどり着いたのです。 調査・勉強を始めて5年、ようやく京都丹波の大自然の中に 犬のための食肉解体処理施設をつくることが出来ました。 栄養面だけではなく、安心で安全な野生肉をペットに与えてあげたい。 同じ考え方のオーナーさんは、私の周りにもたくさんいました。 喜んでくれる仲間の笑顔。そして、獣肉に食いつく犬たちの目の輝き。 それを見るたびに、京丹波自然工房をつくって良かったと実感しています。

  • ¥ 648
  • 滋養強壮に最適な鹿肉ミンチに鹿の骨粉を加えてジャーキーに。ワンちゃんの骨や歯に大切なカルシウム分を摂取できます。 < 京丹波自然工房さんのHPより > 愛犬にどんな食べ物を与えていますか? 保存のしやすさやコスト面から、穀物や肉副産物が入ったドライタイプのドッグフードが人気のようですが、もともと草食動物ではない犬にとって、穀物はちょっと苦手な食物。また肉副産物には病気や薬品まみれの肉が混ざっているケースもあります。そんなカラダに適さない食物は、アレルギーや肥満、生活習慣病の原因にもなりかねません。 犬のカラダは、歯の形状から腸の構造まで、すべて肉食に適したものになっています。つまり、新鮮で安全なお肉や内臓こそが、犬にとって理想のフード。しかしながら、抗生剤やホルモン剤の入った飼料で育てられた牛や豚や鶏では、安全性に問題があります。そう考えた私たちがたどりついた答えが、京都丹波の野生鹿でした。鹿はもともと体温が高く寄生虫や雑菌がつきにくい動物ですが、京丹波自然工房では、専用工場で解体・処理するなど、さらに衛生面・品質面に配慮。食品衛生法による食肉処理業として、認可を受けた施設から、商品をお届けしています。 京都丹波の野生鹿のおいしさを、新鮮なまま愛犬へ。 毎日のことだから、口にするものだから、その思いは私たちも同じです。 私にとって犬は、狩猟のパートナーであり、心を癒してくれる家族です。 ですから、犬の健康管理にはふだんから気を配っています。 さまざまな種類のフードを試しては、より良いフードを選んできました。 猟期に入ると、犬の運動量は格段に増えます。筋力やスタミナを落とさないよう、 いつものフードに、捕獲した獣肉の赤み肉や内臓を足して与えていました。 そうする中で、犬の目の輝きや毛艶、スタミナが違ってくるのを実感していました。 猟から帰ると狩ったばかりの肉をその場で解体し、焼いて食べている仲間、 端肉を喜んで食べる犬たちを横目に、私は箸が進みません。 なぜなら、獣を解体する猟師小屋は、不衛生なところが多かったからです。 その場を見た誰もが、獣肉を口にすることをためらうことでしょう。 ある日テレビのニュースで、人が食する獣肉は食肉処理基準に沿った施設で 解体・流通させることが義務付けられたと知りました。私は思わずうなずきました。 「でも、これって人間だけの問題じゃない!愛犬にとっても同じはず!」 ペットフードについて調べていくうちに、その食材にも、加工方法にも 何の規制もないことがわかりました。もちろん、衛生基準もありません。 ネット上で売られているものは、不衛生な猟師小屋で解体されたものがほとんど。 しかも数少ない食肉処理施設から出ているものは、賞味期間を過ぎたり、 売り物にならず廃棄する肉を販売しているのが実態でした。 他人に委ねて、素性がわからない肉を買って与えるくらいなら、 自分自身が捕ってきた肉を、食肉処理基準に則り解体して与えるのが いちばん安心で安全。当然のことですが、そんな結論にたどり着いたのです。 調査・勉強を始めて5年、ようやく京都丹波の大自然の中に 犬のための食肉解体処理施設をつくることが出来ました。 栄養面だけではなく、安心で安全な野生肉をペットに与えてあげたい。 同じ考え方のオーナーさんは、私の周りにもたくさんいました。 喜んでくれる仲間の笑顔。そして、獣肉に食いつく犬たちの目の輝き。 それを見るたびに、京丹波自然工房をつくって良かったと実感しています。

  • ¥ 648
  • 滋養強壮に最適な鹿肉ミンチに鹿の骨粉を加えてクッキー型のジャーキーに。ワンちゃんの骨や歯に大切なカルシウム分を摂取できます。 < 京丹波自然工房さんのHPより > 愛犬にどんな食べ物を与えていますか? 保存のしやすさやコスト面から、穀物や肉副産物が入ったドライタイプのドッグフードが人気のようですが、もともと草食動物ではない犬にとって、穀物はちょっと苦手な食物。また肉副産物には病気や薬品まみれの肉が混ざっているケースもあります。そんなカラダに適さない食物は、アレルギーや肥満、生活習慣病の原因にもなりかねません。 犬のカラダは、歯の形状から腸の構造まで、すべて肉食に適したものになっています。つまり、新鮮で安全なお肉や内臓こそが、犬にとって理想のフード。しかしながら、抗生剤やホルモン剤の入った飼料で育てられた牛や豚や鶏では、安全性に問題があります。そう考えた私たちがたどりついた答えが、京都丹波の野生鹿でした。鹿はもともと体温が高く寄生虫や雑菌がつきにくい動物ですが、京丹波自然工房では、専用工場で解体・処理するなど、さらに衛生面・品質面に配慮。食品衛生法による食肉処理業として、認可を受けた施設から、商品をお届けしています。 京都丹波の野生鹿のおいしさを、新鮮なまま愛犬へ。 毎日のことだから、口にするものだから、その思いは私たちも同じです。 私にとって犬は、狩猟のパートナーであり、心を癒してくれる家族です。 ですから、犬の健康管理にはふだんから気を配っています。 さまざまな種類のフードを試しては、より良いフードを選んできました。 猟期に入ると、犬の運動量は格段に増えます。筋力やスタミナを落とさないよう、 いつものフードに、捕獲した獣肉の赤み肉や内臓を足して与えていました。 そうする中で、犬の目の輝きや毛艶、スタミナが違ってくるのを実感していました。 猟から帰ると狩ったばかりの肉をその場で解体し、焼いて食べている仲間、 端肉を喜んで食べる犬たちを横目に、私は箸が進みません。 なぜなら、獣を解体する猟師小屋は、不衛生なところが多かったからです。 その場を見た誰もが、獣肉を口にすることをためらうことでしょう。 ある日テレビのニュースで、人が食する獣肉は食肉処理基準に沿った施設で 解体・流通させることが義務付けられたと知りました。私は思わずうなずきました。 「でも、これって人間だけの問題じゃない!愛犬にとっても同じはず!」 ペットフードについて調べていくうちに、その食材にも、加工方法にも 何の規制もないことがわかりました。もちろん、衛生基準もありません。 ネット上で売られているものは、不衛生な猟師小屋で解体されたものがほとんど。 しかも数少ない食肉処理施設から出ているものは、賞味期間を過ぎたり、 売り物にならず廃棄する肉を販売しているのが実態でした。 他人に委ねて、素性がわからない肉を買って与えるくらいなら、 自分自身が捕ってきた肉を、食肉処理基準に則り解体して与えるのが いちばん安心で安全。当然のことですが、そんな結論にたどり着いたのです。 調査・勉強を始めて5年、ようやく京都丹波の大自然の中に 犬のための食肉解体処理施設をつくることが出来ました。 栄養面だけではなく、安心で安全な野生肉をペットに与えてあげたい。 同じ考え方のオーナーさんは、私の周りにもたくさんいました。 喜んでくれる仲間の笑顔。そして、獣肉に食いつく犬たちの目の輝き。 それを見るたびに、京丹波自然工房をつくって良かったと実感しています。

  • ¥ 540
  • 低カロリー・高タンパクで栄養いっぱいの猪肉。 京丹波で獲れた猪のミンチ肉をジャーキーにしました。 ワンちゃんの食べやすいサイズにしてあげるのが簡単です。 < 京丹波自然工房さんのHPより > 愛犬にどんな食べ物を与えていますか? 保存のしやすさやコスト面から、穀物や肉副産物が入ったドライタイプのドッグフードが人気のようですが、もともと草食動物ではない犬にとって、穀物はちょっと苦手な食物。また肉副産物には病気や薬品まみれの肉が混ざっているケースもあります。そんなカラダに適さない食物は、アレルギーや肥満、生活習慣病の原因にもなりかねません。 犬のカラダは、歯の形状から腸の構造まで、すべて肉食に適したものになっています。つまり、新鮮で安全なお肉や内臓こそが、犬にとって理想のフード。しかしながら、抗生剤やホルモン剤の入った飼料で育てられた牛や豚や鶏では、安全性に問題があります。そう考えた私たちがたどりついた答えが、京都丹波の野生鹿でした。鹿はもともと体温が高く寄生虫や雑菌がつきにくい動物ですが、京丹波自然工房では、専用工場で解体・処理するなど、さらに衛生面・品質面に配慮。食品衛生法による食肉処理業として、認可を受けた施設から、商品をお届けしています。 京都丹波の野生鹿のおいしさを、新鮮なまま愛犬へ。 毎日のことだから、口にするものだから、その思いは私たちも同じです。 私にとって犬は、狩猟のパートナーであり、心を癒してくれる家族です。 ですから、犬の健康管理にはふだんから気を配っています。 さまざまな種類のフードを試しては、より良いフードを選んできました。 猟期に入ると、犬の運動量は格段に増えます。筋力やスタミナを落とさないよう、 いつものフードに、捕獲した獣肉の赤み肉や内臓を足して与えていました。 そうする中で、犬の目の輝きや毛艶、スタミナが違ってくるのを実感していました。 猟から帰ると狩ったばかりの肉をその場で解体し、焼いて食べている仲間、 端肉を喜んで食べる犬たちを横目に、私は箸が進みません。 なぜなら、獣を解体する猟師小屋は、不衛生なところが多かったからです。 その場を見た誰もが、獣肉を口にすることをためらうことでしょう。 ある日テレビのニュースで、人が食する獣肉は食肉処理基準に沿った施設で 解体・流通させることが義務付けられたと知りました。私は思わずうなずきました。 「でも、これって人間だけの問題じゃない!愛犬にとっても同じはず!」 ペットフードについて調べていくうちに、その食材にも、加工方法にも 何の規制もないことがわかりました。もちろん、衛生基準もありません。 ネット上で売られているものは、不衛生な猟師小屋で解体されたものがほとんど。 しかも数少ない食肉処理施設から出ているものは、賞味期間を過ぎたり、 売り物にならず廃棄する肉を販売しているのが実態でした。 他人に委ねて、素性がわからない肉を買って与えるくらいなら、 自分自身が捕ってきた肉を、食肉処理基準に則り解体して与えるのが いちばん安心で安全。当然のことですが、そんな結論にたどり着いたのです。 調査・勉強を始めて5年、ようやく京都丹波の大自然の中に 犬のための食肉解体処理施設をつくることが出来ました。 栄養面だけではなく、安心で安全な野生肉をペットに与えてあげたい。 同じ考え方のオーナーさんは、私の周りにもたくさんいました。 喜んでくれる仲間の笑顔。そして、獣肉に食いつく犬たちの目の輝き。 それを見るたびに、京丹波自然工房をつくって良かったと実感しています。

  • ¥ 540
  • 低カロリー・高タンパクで栄養いっぱいの猪肉。 京丹波で獲れた猪をジャーキーにしました。ワンちゃんのおやつにどうぞ! < 京丹波自然工房さんのHPより > 愛犬にどんな食べ物を与えていますか? 保存のしやすさやコスト面から、穀物や肉副産物が入ったドライタイプのドッグフードが人気のようですが、もともと草食動物ではない犬にとって、穀物はちょっと苦手な食物。また肉副産物には病気や薬品まみれの肉が混ざっているケースもあります。そんなカラダに適さない食物は、アレルギーや肥満、生活習慣病の原因にもなりかねません。 犬のカラダは、歯の形状から腸の構造まで、すべて肉食に適したものになっています。つまり、新鮮で安全なお肉や内臓こそが、犬にとって理想のフード。しかしながら、抗生剤やホルモン剤の入った飼料で育てられた牛や豚や鶏では、安全性に問題があります。そう考えた私たちがたどりついた答えが、京都丹波の野生鹿でした。鹿はもともと体温が高く寄生虫や雑菌がつきにくい動物ですが、京丹波自然工房では、専用工場で解体・処理するなど、さらに衛生面・品質面に配慮。食品衛生法による食肉処理業として、認可を受けた施設から、商品をお届けしています。 京都丹波の野生鹿のおいしさを、新鮮なまま愛犬へ。 毎日のことだから、口にするものだから、その思いは私たちも同じです。 私にとって犬は、狩猟のパートナーであり、心を癒してくれる家族です。 ですから、犬の健康管理にはふだんから気を配っています。 さまざまな種類のフードを試しては、より良いフードを選んできました。 猟期に入ると、犬の運動量は格段に増えます。筋力やスタミナを落とさないよう、 いつものフードに、捕獲した獣肉の赤み肉や内臓を足して与えていました。 そうする中で、犬の目の輝きや毛艶、スタミナが違ってくるのを実感していました。 猟から帰ると狩ったばかりの肉をその場で解体し、焼いて食べている仲間、 端肉を喜んで食べる犬たちを横目に、私は箸が進みません。 なぜなら、獣を解体する猟師小屋は、不衛生なところが多かったからです。 その場を見た誰もが、獣肉を口にすることをためらうことでしょう。 ある日テレビのニュースで、人が食する獣肉は食肉処理基準に沿った施設で 解体・流通させることが義務付けられたと知りました。私は思わずうなずきました。 「でも、これって人間だけの問題じゃない!愛犬にとっても同じはず!」 ペットフードについて調べていくうちに、その食材にも、加工方法にも 何の規制もないことがわかりました。もちろん、衛生基準もありません。 ネット上で売られているものは、不衛生な猟師小屋で解体されたものがほとんど。 しかも数少ない食肉処理施設から出ているものは、賞味期間を過ぎたり、 売り物にならず廃棄する肉を販売しているのが実態でした。 他人に委ねて、素性がわからない肉を買って与えるくらいなら、 自分自身が捕ってきた肉を、食肉処理基準に則り解体して与えるのが いちばん安心で安全。当然のことですが、そんな結論にたどり着いたのです。 調査・勉強を始めて5年、ようやく京都丹波の大自然の中に 犬のための食肉解体処理施設をつくることが出来ました。 栄養面だけではなく、安心で安全な野生肉をペットに与えてあげたい。 同じ考え方のオーナーさんは、私の周りにもたくさんいました。 喜んでくれる仲間の笑顔。そして、獣肉に食いつく犬たちの目の輝き。 それを見るたびに、京丹波自然工房をつくって良かったと実感しています。

  • ¥ 630
  • 鮫は低カロリーで高タンパク、コンドロイチン・コラーゲン・グルコサミン・カルシウム等優れた栄養素を豊富に含んだ白身の美味しい魚です。鮫の栄養素は骨や細胞を強化したり、関節炎を予防する働きがあります。また、鮫が持つスクワレンはがん予防にも効果があると言われています。特に軟骨には骨や関節を強化する作用があることは広く知られております。大自然から送られた「天然のサプリ」です。 淡路島近海の鮫軟骨を粒子の細かな無菌の軟水で晒した後、乾燥機で水分を飛ばし、天日で干し上げ粗めのふりかけにしました。天然・無添加・天日干しの体に優しいおやつです。 また、加工には食塩を一切使用しておりませんので、ニャンコにも安心してご利用いただけます。 粗蛋白53.8%以上、粗脂肪1.4%以上、粗繊維0.5%以上、粗灰分32.0%以下、 水分12%以下、エネルギー229Kcal/100g

  • ¥ 410
  • ◎捨てられてしまうサメやエイを活用したい サメは、地域によっては「フカ」や「ワニ」と呼ばれており、あまり一般的に流通する魚ではないため、底引き網にかかってしまった体長1メートル満たないサメは捨てられてしまうといいます。 高級食材としては「フカヒレ」が知られていますが、フカヒレ目当てにサメの乱獲が横行し問題になったことから、ホテルなどではフカヒレの販売を中止するようになりました。 また、エイも底引き網にかかることがあります。エイも食用としての利用が難しく、また貴重な海資源であるイイダコやアサリを食べてしまうため、海の生態系に影響を与えるとして危惧されていました。 これら一度網にかかったサメやエイは、海に放したとしても生きながらえることは大変難しく、利用する方法がないとなると、残念ながら最終的には廃棄物になるしか道はありませんでした。 しかしそれではあまりにもかわいそう、もったいないということで、何か良い利用方法はないかと模索したところ、サメやエイは高タンパクで低脂肪・低カロリー、さらにグルコサミン・コンドロイチン・コラーゲン・カルシウムなどの栄養価も含んでいることから、愛犬や愛猫の健康に大変良いことがわかり、犬猫おやつに加工して販売することを考えました。 ◎淡路近海の海を守りたい bau-bauの犬猫おやつには、淡路近海だけでなく徳島や和歌山周辺の海でとれたサメやエイを使うこともあります。 網にかかってしまったサメやエイを、利用するのが難しいからといってそのまま海に廃棄してしまうと、海洋汚染をすることにつながってしまいます。 そこでbau-bauでは、サメやエイを安全安心な無添加の犬猫おやつに加工して販売することで、廃棄されてしまうサメやエイを有効活用し、海洋汚染を少しでも減らすことにつながればと取り組みを行っています。 ◎漁師さんの生活を守りたい 淡路島の由良港では、古くから良質な魚介類が地元の漁師さんの手によって水揚げされます。この漁師さんの網にかかったサメやエイも無駄なく価値ある犬猫おやつの商品として活用することで、日本国内の漁業を活性化することにもつながります。 「足腰が気になる大型犬のワンコ」「いつまでも元気でいたいシニアのワンコ」「関節を丈夫に保ちたい元気なワンコ」もちろん、ワンコだけではなくニャンコにも食べて欲しい、国産・天然・無添加のエイ煮こごりです。 淡路島近海での漁で底引き網にかかった天然のエイを原料とし、エイ特有のアンモニア臭を消す独自の技術「無菌の軟水」にさらしたのち、栄養たっぷり含んだ肝臓を溶かした出汁で柔らかい煮こごりに仕上げました。 この商品は人間も食べられる仕様で製造しています。表示は食品となりますが歯の弱い子犬や老犬、猫にも安心して与えられます。 愛犬・愛猫の健康に効く食品成分、グルコサミン・コンドロイチン・カルシウム・コラーゲン・スクワラン・ビタミン・DHA・EPAの効果 エイ煮こごり 100g エイは低カロリーで高タンパク、ビタミンDやナイアシン、コラーゲン等を豊富に含む白身の美味しい魚です。コラーゲンは歯や骨を丈夫にし細胞の老化防止にも効果があるといわれています。大自然から送られた「天然のサプリ」です。 淡路島近海のエイを粒子の細かな無菌の軟水で晒した後、特に栄養が豊富といわれる肝臓を溶かした出汁で煮こごりにしました。柔らかく仕上げていますので、歯の弱い子犬や老犬、猫にもお勧めです。ドッグフードにかけて与えてあげてください。この商品は人間も食べられる仕様で製造しています。表示は食品となりますが、食塩や調味料は使用しておりませんので、安心して与えて頂けます。 粗蛋白19.1%以上、粗脂肪0.3%以上、粗繊維0.1%以下、粗灰分1.2%以下、 水分79.3%以下、エネルギー84.0Kcal/100g 【 ご注意いただきたいこと 】 ペットフードとしての用途をお守り下さい。 誤食を防ぐ為、幼児や子供、ペットの触れない場所で保存してください。 記載表示を参考に、ペットが食べ過ぎないようにしてください。 子供がペットに与えるときは、安全のため大人が立ち会ってください。 ペットが興奮したりしないよう、落ち着いた環境で与えてください。 ペットの体調が悪くなった時は、獣医師に相談してください。 上記ご留意いただけない場合のトラブルについては責任を負いかねます。   < 与え方について > 給与量は、ペットによって個体差が生じます。食べ残しや便の様子、健康状態をみて調節してください。 生後6ヶ月未満の幼犬(生後2ヶ月未満の幼猫)には、与えないでください。 ペットの習性や性格、食べ方によっては、のどにつまらせたりする恐れがありますので、適切な大きさにして与えてください。 鮮度を保つ為、脱酸素剤が入っています。無害ですが食品ではありません。開封後は、効果がなくなりますので、廃棄してください。 < 本商品について > 本商品は、着色料を使用していません。その為、原料の魚の捕れる時期や魚の大きさなどによって、色合いや形状・硬さが変わる場合があります。 本商品に白いカビのような粉末が表面に付着する場合があります。これは、魚の旨味成分であるアミノ酸です。 本商品において、素材をそのまま乾燥させた、丸干しや姿干しタイプの商品に、脂が浮き出る場合があります。これは、魚が持つ栄養成分であるDHAや EPA、タウリンを含んだ脂なので、安全です。 < 保存方法 > お買上げ後は直射日光・高温多湿の場所を避けて保存してください。開封後は、冷蔵保存し賞味期限に関わらず、早めに与えてください。 メーカーHPより

  • ¥ 410
  • ◎捨てられてしまうサメやエイを活用したい サメは、地域によっては「フカ」や「ワニ」と呼ばれており、あまり一般的に流通する魚ではないため、底引き網にかかってしまった体長1メートル満たないサメは捨てられてしまうといいます。 高級食材としては「フカヒレ」が知られていますが、フカヒレ目当てにサメの乱獲が横行し問題になったことから、ホテルなどではフカヒレの販売を中止するようになりました。 また、エイも底引き網にかかることがあります。エイも食用としての利用が難しく、また貴重な海資源であるイイダコやアサリを食べてしまうため、海の生態系に影響を与えるとして危惧されていました。 これら一度網にかかったサメやエイは、海に放したとしても生きながらえることは大変難しく、利用する方法がないとなると、残念ながら最終的には廃棄物になるしか道はありませんでした。 しかしそれではあまりにもかわいそう、もったいないということで、何か良い利用方法はないかと模索したところ、サメやエイは高タンパクで低脂肪・低カロリー、さらにグルコサミン・コンドロイチン・コラーゲン・カルシウムなどの栄養価も含んでいることから、愛犬や愛猫の健康に大変良いことがわかり、犬猫おやつに加工して販売することを考えました。 ◎淡路近海の海を守りたい bau-bauの犬猫おやつには、淡路近海だけでなく徳島や和歌山周辺の海でとれたサメやエイを使うこともあります。 網にかかってしまったサメやエイを、利用するのが難しいからといってそのまま海に廃棄してしまうと、海洋汚染をすることにつながってしまいます。 そこでbau-bauでは、サメやエイを安全安心な無添加の犬猫おやつに加工して販売することで、廃棄されてしまうサメやエイを有効活用し、海洋汚染を少しでも減らすことにつながればと取り組みを行っています。 ◎漁師さんの生活を守りたい 淡路島の由良港では、古くから良質な魚介類が地元の漁師さんの手によって水揚げされます。この漁師さんの網にかかったサメやエイも無駄なく価値ある犬猫おやつの商品として活用することで、日本国内の漁業を活性化することにもつながります。 「足腰が気になる大型犬のワンコ」「いつまでも元気でいたいシニアのワンコ」「関節を丈夫に保ちたい元気なワンコ」もちろん、ワンコだけではなくニャンコにも食べて欲しい、国産・天然・無添加のサメ煮こごりです。 淡路島近海での漁で底引き網にかかった天然のサメ(ドチザメ・シロザメ)を原料とし、サメ特有のアンモニア臭を消す独自の技術「無菌の軟水」にさらしたのち、栄養たっぷり含んだ肝臓を溶かした出汁で柔らかい煮こごりに仕上げました。 この商品は人間も食べられる仕様で製造しています。表示は食品となりますが歯の弱い子犬や老犬、猫にも安心して与えられます。 鮫は低カロリーで高タンパク、コンドロイチン・コラーゲン・グルコサミン・カルシウム等優れた栄養素を豊富に含んだ白身の美味しい魚です。鮫の栄養素は骨や細胞を強化したり、関節炎を予防する働きがあります。また、鮫が持つスクワレンはがん予防にも効果があると言われています。特に軟骨には骨や関節を強化する作用があることは広く知られております。大自然から送られた「天然のサプリ」と言えます。 淡路島近海の鮫を粒子の細かな無菌の軟水で晒した後、特に栄養が豊富といわれる肝臓を溶かした出汁で煮こごりにしました。柔らかく仕上げていますので、歯の弱い子犬や老犬、猫にもお勧めです。ドッグフードにかけて与えてあげてください。この商品は人間も食べられる仕様で製造しています。表示は食品となりますが、食塩や調味料は使用しておりませんので、安心して与えて頂けます。 粗 蛋白18.9%以上、粗脂肪0.6%以上、粗繊維0.1%以下、粗灰分1.3%以下、 水分72.9%以下、エネルギー85.0Kcal/100g 【 ご注意いただきたいこと 】 ペットフードとしての用途をお守り下さい。 誤食を防ぐ為、幼児や子供、ペットの触れない場所で保存してください。 記載表示を参考に、ペットが食べ過ぎないようにしてください。 子供がペットに与えるときは、安全のため大人が立ち会ってください。 ペットが興奮したりしないよう、落ち着いた環境で与えてください。 ペットの体調が悪くなった時は、獣医師に相談してください。 上記ご留意いただけない場合のトラブルについては責任を負いかねます。 < 与え方について > 給与量は、ペットによって個体差が生じます。食べ残しや便の様子、健康状態をみて調節してください。 生後6ヶ月未満の幼犬(生後2ヶ月未満の幼猫)には、与えないでください。 ペットの習性や性格、食べ方によっては、のどにつまらせたりする恐れがありますので、適切な大きさにして与えてください。 鮮度を保つ為、脱酸素剤が入っています。無害ですが食品ではありません。開封後は、効果がなくなりますので、廃棄してください。 < 本商品について > 本商品は、着色料を使用していません。その為、原料の魚の捕れる時期や魚の大きさなどによって、色合いや形状・硬さが変わる場合があります。 本商品に白いカビのような粉末が表面に付着する場合があります。これは、魚の旨味成分であるアミノ酸です。 本商品において、素材をそのまま乾燥させた、丸干しや姿干しタイプの商品に、脂が浮き出る場合があります。これは、魚が持つ栄養成分であるDHAや EPA、タウリンを含んだ脂なので、安全です。  < 保存方法 > お買上げ後は直射日光・高温多湿の場所を避けて保存してください。開封後は、冷蔵保存し賞味期限に関わらず、早めに与えてください。 メーカーHPより

  • ¥ 630
  • ◎捨てられてしまうサメやエイを活用したい サメは、地域によっては「フカ」や「ワニ」と呼ばれており、あまり一般的に流通する魚ではないため、底引き網にかかってしまった体長1メートル満たないサメは捨てられてしまうといいます。 高級食材としては「フカヒレ」が知られていますが、フカヒレ目当てにサメの乱獲が横行し問題になったことから、ホテルなどではフカヒレの販売を中止するようになりました。 また、エイも底引き網にかかることがあります。エイも食用としての利用が難しく、また貴重な海資源であるイイダコやアサリを食べてしまうため、海の生態系に影響を与えるとして危惧されていました。 これら一度網にかかったサメやエイは、海に放したとしても生きながらえることは大変難しく、利用する方法がないとなると、残念ながら最終的には廃棄物になるしか道はありませんでした。 しかしそれではあまりにもかわいそう、もったいないということで、何か良い利用方法はないかと模索したところ、サメやエイは高タンパクで低脂肪・低カロリー、さらにグルコサミン・コンドロイチン・コラーゲン・カルシウムなどの栄養価も含んでいることから、愛犬や愛猫の健康に大変良いことがわかり、犬猫おやつに加工して販売することを考えました。 ◎淡路近海の海を守りたい bau-bauの犬猫おやつには、淡路近海だけでなく徳島や和歌山周辺の海でとれたサメやエイを使うこともあります。 網にかかってしまったサメやエイを、利用するのが難しいからといってそのまま海に廃棄してしまうと、海洋汚染をすることにつながってしまいます。 そこでbau-bauでは、サメやエイを安全安心な無添加の犬猫おやつに加工して販売することで、廃棄されてしまうサメやエイを有効活用し、海洋汚染を少しでも減らすことにつながればと取り組みを行っています。 ◎漁師さんの生活を守りたい 淡路島の由良港では、古くから良質な魚介類が地元の漁師さんの手によって水揚げされます。この漁師さんの網にかかったサメやエイも無駄なく価値ある犬猫おやつの商品として活用することで、日本国内の漁業を活性化することにもつながります。 「足腰が気になる大型犬のワンコ」「いつまでも元気でいたいシニアのワンコ」「関節を丈夫に保ちたい元気なワンコ」もちろん、ワンコだけではなくニャンコにも食べて欲しい犬猫のおやつ、国産・天然・無添加・天日干しのエイスティックです。 淡路島近海での漁で底引き網にかかった天然のエイを原料とし、エイ特有のアンモニア臭を消す独自の技術「無菌の軟水」にさらしてミンチにして成形し、水分を飛ばしたのち、ミネラルを含んだ潮風で乾燥させて天日干しで仕上げ、アミノ酸たっぷりの犬猫のおやつに仕上げました。 本商品は硬めに仕上げてありますので、猫ちゃんには小さくきるか、お湯でふやかして与えてください。 愛犬・愛猫の健康に効く食品成分、グルコサミン・コンドロイチン・カルシウム・コラーゲン・スクワラン・ビタミン・DHA・EPAの効果 エイスティック(愛犬・猫用) 40g エイは低カロリーで高タンパク、ビタミンDやナイアシン、コラーゲン等を豊富に含む白身の美味しい魚です。コラーゲンは歯や骨を丈夫にし細胞の老化防止にも効果があるといわれています。大自然から送られた「天然のサプリ」です。 淡路島近海のエイを粒子の細かな無菌の軟水で晒した後、ミンチにして形を整えてから乾燥機で水分を飛ばし、天日で干し上げました。天然・無添加・天日干しの体に優しいおやつです。つなぎは一切使用しておりません。 粗 蛋白83.0%以上、粗脂肪1.3%以上、粗繊維0.5%以下、粗灰分5.3%以下、 水分12%以下、エネルギー361.3Kcal/100g 本商品は硬めに仕上げてありますので、猫ちゃんには小さくきるか、お湯でふやかして与えてください。 【 ご注意いただきたいこと 】 ペットフードとしての用途をお守り下さい。 誤食を防ぐ為、幼児や子供、ペットの触れない場所で保存してください。 記載表示を参考に、ペットが食べ過ぎないようにしてください。 子供がペットに与えるときは、安全のため大人が立ち会ってください。 ペットが興奮したりしないよう、落ち着いた環境で与えてください。 ペットの体調が悪くなった時は、獣医師に相談してください。 上記ご留意いただけない場合のトラブルについては責任を負いかねます。 与え方について 給与量は、ペットによって個体差が生じます。食べ残しや便の様子、健康状態をみて調節してください。 生後6ヶ月未満の幼犬(生後2ヶ月未満の幼猫)には、与えないでください。 ペットの習性や性格、食べ方によっては、のどにつまらせたりする恐れがありますので、適切な大きさにして与えてください。 鮮度を保つ為、脱酸素剤が入っています。無害ですが食品ではありません。開封後は、効果がなくなりますので、廃棄してください。 < 本商品について > 本商品は、着色料を使用していません。その為、原料の魚の捕れる時期や魚の大きさなどによって、色合いや形状・硬さが変わる場合があります。 本商品に白いカビのような粉末が表面に付着する場合があります。これは、魚の旨味成分であるアミノ酸です。 本商品において、素材をそのまま乾燥させた、丸干しや姿干しタイプの商品に、脂が浮き出る場合があります。これは、魚が持つ栄養成分であるDHAやEPA、タウリンを含んだ脂なので、安全です。 < 保存方法 > お買上げ後は直射日光・高温多湿の場所を避けて保存してください。開封後は、冷蔵保存し賞味期限に関わらず、早めに与えてください。 メーカーHPより

  • ¥ 630
  • ◎捨てられてしまうサメやエイを活用したい サメは、地域によっては「フカ」や「ワニ」と呼ばれており、あまり一般的に流通する魚ではないため、底引き網にかかってしまった体長1メートル満たないサメは捨てられてしまうといいます。 高級食材としては「フカヒレ」が知られていますが、フカヒレ目当てにサメの乱獲が横行し問題になったことから、ホテルなどではフカヒレの販売を中止するようになりました。 また、エイも底引き網にかかることがあります。エイも食用としての利用が難しく、また貴重な海資源であるイイダコやアサリを食べてしまうため、海の生態系に影響を与えるとして危惧されていました。 これら一度網にかかったサメやエイは、海に放したとしても生きながらえることは大変難しく、利用する方法がないとなると、残念ながら最終的には廃棄物になるしか道はありませんでした。 しかしそれではあまりにもかわいそう、もったいないということで、何か良い利用方法はないかと模索したところ、サメやエイは高タンパクで低脂肪・低カロリー、さらにグルコサミン・コンドロイチン・コラーゲン・カルシウムなどの栄養価も含んでいることから、愛犬や愛猫の健康に大変良いことがわかり、犬猫おやつに加工して販売することを考えました。 ◎淡路近海の海を守りたい bau-bauの犬猫おやつには、淡路近海だけでなく徳島や和歌山周辺の海でとれたサメやエイを使うこともあります。 網にかかってしまったサメやエイを、利用するのが難しいからといってそのまま海に廃棄してしまうと、海洋汚染をすることにつながってしまいます。 そこでbau-bauでは、サメやエイを安全安心な無添加の犬猫おやつに加工して販売することで、廃棄されてしまうサメやエイを有効活用し、海洋汚染を少しでも減らすことにつながればと取り組みを行っています。 ◎漁師さんの生活を守りたい 淡路島の由良港では、古くから良質な魚介類が地元の漁師さんの手によって水揚げされます。この漁師さんの網にかかったサメやエイも無駄なく価値ある犬猫おやつの商品として活用することで、日本国内の漁業を活性化することにもつながります。 「足腰が気になる大型犬のワンコ」「いつまでも元気でいたいシニアのワンコ」「関節を丈夫に保ちたい元気なワンコ」もちろん、ワンコだけではなくニャンコにも食べて欲しい犬猫のおやつ、国産・天然・無添加・天日干しのサメスティックです。 淡路島近海での漁で底引き網にかかった天然のサメ(ドチザメ・シロザメ)を原料とし、サメ特有のアンモニア臭を消す独自の技術「無菌の軟水」にさらしてミンチにして成形し、水分を飛ばしたのち、ミネラルを含んだ潮風で乾燥させて天日干しで仕上げ、アミノ酸たっぷりの犬猫のおやつに仕上げました。 本商品は硬めに仕上げてありますので、猫ちゃんには小さくきるか、お湯でふやかして与えてください。 愛犬・愛猫の健康に効く食品成分、グルコサミン・コンドロイチン・カルシウム・コラーゲン・スクワラン・ビタミン・DHA・EPAの効果 サメスティック(愛犬・愛猫用) 40g 鮫は低カロリーで高タンパク、コンドロイチン・コラーゲン・グルコサミン・カルシウム等優れた栄養素を豊富に含んだ白身の美味しい魚です。鮫の栄養素は骨や細胞を強化したり、関節炎を予防する働きがあります。また、鮫がもつスクワレンはがん予防にも効果があると言われています。大自然から送られた「天然のサプリ」です。 淡路島近海の鮫を粒子の細かな無菌の軟水で晒した後、ミンチにして形を整えてから乾燥機で水分を飛ばし、天日で干し上げました。天然・無添加・天日干しの体に優しいおやつです。つなぎは一切使用しておりません。 粗 蛋白53.8%以上、粗脂肪1.4%以上、粗繊維0.5%以上、粗灰分32.0%以下、 水分12%以下、エネルギー229Kcal/100g 本商品は硬めに仕上げてありますので、猫ちゃんには小さくきるか、お湯でふやかして与えてください。 【 ご注意いただきたいこと 】 ペットフードとしての用途をお守り下さい。 誤食を防ぐ為、幼児や子供、ペットの触れない場所で保存してください。 記載表示を参考に、ペットが食べ過ぎないようにしてください。 子供がペットに与えるときは、安全のため大人が立ち会ってください。 ペットが興奮したりしないよう、落ち着いた環境で与えてください。 ペットの体調が悪くなった時は、獣医師に相談してください。 上記ご留意いただけない場合のトラブルについては責任を負いかねます。  【 与え方について 】 給与量は、ペットによって個体差が生じます。食べ残しや便の様子、健康状態をみて調節してください。 生後6ヶ月未満の幼犬(生後2ヶ月未満の幼猫)には、与えないでください。 ペットの習性や性格、食べ方によっては、のどにつまらせたりする恐れがありますので、適切な大きさにして与えてください。 鮮度を保つ為、脱酸素剤が入っています。無害ですが食品ではありません。開封後は、効果がなくなりますので、廃棄してください。 【 本商品について 】 本商品は、着色料を使用していません。その為、原料の魚の捕れる時期や魚の大きさなどによって、色合いや形状・硬さが変わる場合があります。 本商品に白いカビのような粉末が表面に付着する場合があります。これは、魚の旨味成分であるアミノ酸です。 本商品において、素材をそのまま乾燥させた、丸干しや姿干しタイプの商品に、脂が浮き出る場合があります。これは、魚が持つ栄養成分であるDHAやEPA、タウリンを含んだ脂なので、安全です。 【 保存方法 】 お買上げ後は直射日光・高温多湿の場所を避けて保存してください。開封後は、冷蔵保存し賞味期限に関わらず、早めに与えてください。 メーカーHPより

  • ¥ 630
  • SOLD OUT
  • ◎捨てられてしまうサメやエイを活用したい サメは、地域によっては「フカ」や「ワニ」と呼ばれており、あまり一般的に流通する魚ではないため、底引き網にかかってしまった体長1メートル満たないサメは捨てられてしまうといいます。 高級食材としては「フカヒレ」が知られていますが、フカヒレ目当てにサメの乱獲が横行し問題になったことから、ホテルなどではフカヒレの販売を中止するようになりました。 また、エイも底引き網にかかることがあります。エイも食用としての利用が難しく、また貴重な海資源であるイイダコやアサリを食べてしまうため、海の生態系に影響を与えるとして危惧されていました。 これら一度網にかかったサメやエイは、海に放したとしても生きながらえることは大変難しく、利用する方法がないとなると、残念ながら最終的には廃棄物になるしか道はありませんでした。 しかしそれではあまりにもかわいそう、もったいないということで、何か良い利用方法はないかと模索したところ、サメやエイは高タンパクで低脂肪・低カロリー、さらにグルコサミン・コンドロイチン・コラーゲン・カルシウムなどの栄養価も含んでいることから、愛犬や愛猫の健康に大変良いことがわかり、犬猫おやつに加工して販売することを考えました。 ◎淡路近海の海を守りたい bau-bauの犬猫おやつには、淡路近海だけでなく徳島や和歌山周辺の海でとれたサメやエイを使うこともあります。 網にかかってしまったサメやエイを、利用するのが難しいからといってそのまま海に廃棄してしまうと、海洋汚染をすることにつながってしまいます。 そこでbau-bauでは、サメやエイを安全安心な無添加の犬猫おやつに加工して販売することで、廃棄されてしまうサメやエイを有効活用し、海洋汚染を少しでも減らすことにつながればと取り組みを行っています。 ◎漁師さんの生活を守りたい 淡路島の由良港では、古くから良質な魚介類が地元の漁師さんの手によって水揚げされます。この漁師さんの網にかかったサメやエイも無駄なく価値ある犬猫おやつの商品として活用することで、日本国内の漁業を活性化することにもつながります。 「足腰が気になる大型犬のワンコ」「いつまでも元気でいたいシニアのワンコ」「関節を丈夫に保ちたい元気なワンコ」に食べて欲しい犬のおやつ、国産・天然・無添加・天日干しのエイジャーキーです。 淡路島近海での漁で底引き網にかかった天然のエイを愛犬用にカットし、エイ特有のアンモニア臭を消す独自の技術「無菌の軟水」にさらし、水分を飛ばしたのち、ミネラルを含んだ潮風で乾燥させて天日干しで仕上げ、アミノ酸たっぷりの犬のおやつに仕上げました。 愛犬・愛猫の健康に効く食品成分、グルコサミン・コンドロイチン・カルシウム・コラーゲン・スクワラン・ビタミン・DHA・EPAの効果 エイジャーキー(愛犬用) 50g エイは低カロリーで高タンパク、ビタミンDやナイアシン、コラーゲン等を豊富に含む白身の美味しい魚です。コラーゲンは歯や骨を丈夫にし細胞の老化防止にも効果があるといわれています。大自然から送られた「天然のサプリ」です。 淡路島近海のエイを粒子の細かな無菌の軟水で晒した後、乾燥機で水分を飛ばし、天日で干し上げました。天然・無添加・天日干しの体に優しいおやつです。しっかりと干してあるので、硬く、ガムの代わりとしてもご利用ください。 粗 蛋白80.0%以上、粗脂肪1.1%以上、粗繊維0.5%以下、粗灰分8.7%以下、 水分12%以下、エネルギー330.9Kcal/100g 【 ご注意いただきたいこと 】 ペットフードとしての用途をお守り下さい。 誤食を防ぐ為、幼児や子供、ペットの触れない場所で保存してください。 記載表示を参考に、ペットが食べ過ぎないようにしてください。 子供がペットに与えるときは、安全のため大人が立ち会ってください。 ペットが興奮したりしないよう、落ち着いた環境で与えてください。 ペットの体調が悪くなった時は、獣医師に相談してください。 上記ご留意いただけない場合のトラブルについては責任を負いかねます。 【 与え方について 】 給与量は、ペットによって個体差が生じます。食べ残しや便の様子、健康状態をみて調節してください。 生後6ヶ月未満の幼犬(生後2ヶ月未満の幼猫)には、与えないでください。 ペットの習性や性格、食べ方によっては、のどにつまらせたりする恐れがありますので、適切な大きさにして与えてください。 鮮度を保つ為、脱酸素剤が入っています。無害ですが食品ではありません。開封後は、効果がなくなりますので、廃棄してください。 【 本商品について 】 本商品は、着色料を使用していません。その為、原料の魚の捕れる時期や魚の大きさなどによって、色合いや形状・硬さが変わる場合があります。 本商品に白いカビのような粉末が表面に付着する場合があります。これは、魚の旨味成分であるアミノ酸です。 本商品において、素材をそのまま乾燥させた、丸干しや姿干しタイプの商品に、脂が浮き出る場合があります。これは、魚が持つ栄養成分であるDHAや EPA、タウリンを含んだ脂なので、安全です。 【 保存方法 】 お買上げ後は直射日光・高温多湿の場所を避けて保存してください。開封後は、冷蔵保存し賞味期限に関わらず、早めに与えてください。 メーカーHPより

  • ¥ 630
  • SOLD OUT
  • ◎捨てられてしまうサメやエイを活用したい サメは、地域によっては「フカ」や「ワニ」と呼ばれており、あまり一般的に流通する魚ではないため、底引き網にかかってしまった体長1メートル満たないサメは捨てられてしまうといいます。 高級食材としては「フカヒレ」が知られていますが、フカヒレ目当てにサメの乱獲が横行し問題になったことから、ホテルなどではフカヒレの販売を中止するようになりました。 また、エイも底引き網にかかることがあります。エイも食用としての利用が難しく、また貴重な海資源であるイイダコやアサリを食べてしまうため、海の生態系に影響を与えるとして危惧されていました。 これら一度網にかかったサメやエイは、海に放したとしても生きながらえることは大変難しく、利用する方法がないとなると、残念ながら最終的には廃棄物になるしか道はありませんでした。 しかしそれではあまりにもかわいそう、もったいないということで、何か良い利用方法はないかと模索したところ、サメやエイは高タンパクで低脂肪・低カロリー、さらにグルコサミン・コンドロイチン・コラーゲン・カルシウムなどの栄養価も含んでいることから、愛犬や愛猫の健康に大変良いことがわかり、犬猫おやつに加工して販売することを考えました。 ◎淡路近海の海を守りたい bau-bauの犬猫おやつには、淡路近海だけでなく徳島や和歌山周辺の海でとれたサメやエイを使うこともあります。 網にかかってしまったサメやエイを、利用するのが難しいからといってそのまま海に廃棄してしまうと、海洋汚染をすることにつながってしまいます。 そこでbau-bauでは、サメやエイを安全安心な無添加の犬猫おやつに加工して販売することで、廃棄されてしまうサメやエイを有効活用し、海洋汚染を少しでも減らすことにつながればと取り組みを行っています。 ◎漁師さんの生活を守りたい 淡路島の由良港では、古くから良質な魚介類が地元の漁師さんの手によって水揚げされます。この漁師さんの網にかかったサメやエイも無駄なく価値ある犬猫おやつの商品として活用することで、日本国内の漁業を活性化することにもつながります。 「足腰が気になる大型犬のワンコ」「いつまでも元気でいたいシニアのワンコ」「関節を丈夫に保ちたい元気なワンコ」に食べて欲しい犬のおやつ、国産・天然・無添加・天日干しのサメジャーキーです。 淡路島近海での漁で底引き網にかかった天然のサメ(ドチザメ・シロザメ)を愛犬用にカットし、サメ特有のアンモニア臭を消す独自の技術「無菌の軟水」にさらし、水分を飛ばしたのち、ミネラルを含んだ潮風で乾燥させて天日干しで仕上げ、アミノ酸たっぷりの犬のおやつに仕上げました。 愛犬・愛猫の健康に効く食品成分、グルコサミン・コンドロイチン・カルシウム・コラーゲン・スクワラン・ビタミン・DHA・EPAの効果 サメジャーキー 50g 鮫は低カロリーで高タンパク、コンドロイチン・コラーゲン・グルコサミン・カルシウム等優れた栄養素を豊富に含んだ白身の美味しい魚です。鮫の栄養素は骨や細胞を強化したり、関節炎を予防する働きがあります。また、鮫がもつスクワレンはがん予防にも効果があると言われています。大自然から送られた「天然のサプリ」です。 淡路島近海の鮫を粒子の細かな無菌の軟水で晒した後、乾燥機で水分を飛ばし、天日で干し上げました。天然・無添加・天日干しの体に優しいおやつです。しっかりと干してあるので、硬く、ガムの代わりとしてもご利用ください。 粗 蛋白53.8%以上、粗脂肪1.4%以上、粗繊維0.5%以上、粗灰分32.0%以下、 水分12%以下、エネルギー229Kcal/100g 【 ご注意いただきたいこと 】 ペットフードとしての用途をお守り下さい。 誤食を防ぐ為、幼児や子供、ペットの触れない場所で保存してください。 記載表示を参考に、ペットが食べ過ぎないようにしてください。 子供がペットに与えるときは、安全のため大人が立ち会ってください。 ペットが興奮したりしないよう、落ち着いた環境で与えてください。 ペットの体調が悪くなった時は、獣医師に相談してください。 上記ご留意いただけない場合のトラブルについては責任を負いかねます。 < 与え方について > 給与量は、ペットによって個体差が生じます。食べ残しや便の様子、健康状態をみて調節してください。 生後6ヶ月未満の幼犬(生後2ヶ月未満の幼猫)には、与えないでください。 ペットの習性や性格、食べ方によっては、のどにつまらせたりする恐れがありますので、適切な大きさにして与えてください。 鮮度を保つ為、脱酸素剤が入っています。無害ですが食品ではありません。開封後は、効果がなくなりますので、廃棄してください。 < 本商品について > 本商品は、着色料を使用していません。その為、原料の魚の捕れる時期や魚の大きさなどによって、色合いや形状・硬さが変わる場合があります。 本商品に白いカビのような粉末が表面に付着する場合があります。これは、魚の旨味成分であるアミノ酸です。 本商品において、素材をそのまま乾燥させた、丸干しや姿干しタイプの商品に、脂が浮き出る場合があります。これは、魚が持つ栄養成分であるDHAや EPA、タウリンを含んだ脂なので、安全です。 < 保存方法 > お買上げ後は直射日光・高温多湿の場所を避けて保存してください。開封後は、冷蔵保存し賞味期限に関わらず、早めに与えてください。 メーカーHPより

  • ¥ 630
  • ◎捨てられてしまうサメやエイを活用したい サメは、地域によっては「フカ」や「ワニ」と呼ばれており、あまり一般的に流通する魚ではないため、底引き網にかかってしまった体長1メートル満たないサメは捨てられてしまうといいます。 高級食材としては「フカヒレ」が知られていますが、フカヒレ目当てにサメの乱獲が横行し問題になったことから、ホテルなどではフカヒレの販売を中止するようになりました。 また、エイも底引き網にかかることがあります。エイも食用としての利用が難しく、また貴重な海資源であるイイダコやアサリを食べてしまうため、海の生態系に影響を与えるとして危惧されていました。 これら一度網にかかったサメやエイは、海に放したとしても生きながらえることは大変難しく、利用する方法がないとなると、残念ながら最終的には廃棄物になるしか道はありませんでした。 しかしそれではあまりにもかわいそう、もったいないということで、何か良い利用方法はないかと模索したところ、サメやエイは高タンパクで低脂肪・低カロリー、さらにグルコサミン・コンドロイチン・コラーゲン・カルシウムなどの栄養価も含んでいることから、愛犬や愛猫の健康に大変良いことがわかり、犬猫おやつに加工して販売することを考えました。 ◎淡路近海の海を守りたい bau-bauの犬猫おやつには、淡路近海だけでなく徳島や和歌山周辺の海でとれたサメやエイを使うこともあります。 網にかかってしまったサメやエイを、利用するのが難しいからといってそのまま海に廃棄してしまうと、海洋汚染をすることにつながってしまいます。 そこでbau-bauでは、サメやエイを安全安心な無添加の犬猫おやつに加工して販売することで、廃棄されてしまうサメやエイを有効活用し、海洋汚染を少しでも減らすことにつながればと取り組みを行っています。 ◎漁師さんの生活を守りたい 淡路島の由良港では、古くから良質な魚介類が地元の漁師さんの手によって水揚げされます。この漁師さんの網にかかったサメやエイも無駄なく価値ある犬猫おやつの商品として活用することで、日本国内の漁業を活性化することにもつながります。 「足腰が気になる大型犬のワンコ」「いつまでも元気でいたいシニアのワンコ」「関節を丈夫に保ちたい元気なワンコ」に食べて欲しい犬のおやつ、国産・天然・無添加・天日干しのサメジャーキーです。 淡路島近海での漁で底引き網にかかった天然のサメ(ドチザメ・シロザメ)を愛犬用にカットし、サメ特有のアンモニア臭を消す独自の技術「無菌の軟水」にさらし、水分を飛ばしたのち、ミネラルを含んだ潮風で乾燥させて天日干しで仕上げ、アミノ酸たっぷりの犬のおやつに仕上げました。 愛犬・愛猫の健康に効く食品成分、グルコサミン・コンドロイチン・カルシウム・コラーゲン・スクワラン・ビタミン・DHA・EPAの効果 ふかひれ 30g 鮫は低カロリーで高タンパク、コンドロイチン・コラーゲン・グルコサミン・カルシウム等優れた栄養素を豊富に含んだ白身の美味しい魚です。鮫の栄養素は骨や細胞を強化したり、関節炎を予防する働きがあります。また、鮫がもつスクワレンはがん予防にも効果があると言われています。大自然から送られた「天然のサプリ」です。 淡路島近海の鮫を粒子の細かな無菌の軟水で晒した後、乾燥機で水分を飛ばし、天日で干し上げました。天然・無添加・天日干しの体に優しいおやつです。しっかりと干してあるので、硬く、ガムの代わりとしてもご利用ください。 粗 蛋白80.5%以上、粗脂肪1.3%以上、粗繊維0.5%以上、粗灰分7.7%以下、 水分12%以下、エネルギー336.1Kcal/100g 【 ご注意いただきたいこと 】 ペットフードとしての用途をお守り下さい。 誤食を防ぐ為、幼児や子供、ペットの触れない場所で保存してください。 記載表示を参考に、ペットが食べ過ぎないようにしてください。 子供がペットに与えるときは、安全のため大人が立ち会ってください。 ペットが興奮したりしないよう、落ち着いた環境で与えてください。 ペットの体調が悪くなった時は、獣医師に相談してください。 上記ご留意いただけない場合のトラブルについては責任を負いかねます。 < 与え方について > 給与量は、ペットによって個体差が生じます。食べ残しや便の様子、健康状態をみて調節してください。 生後6ヶ月未満の幼犬(生後2ヶ月未満の幼猫)には、与えないでください。 ペットの習性や性格、食べ方によっては、のどにつまらせたりする恐れがありますので、適切な大きさにして与えてください。 鮮度を保つ為、脱酸素剤が入っています。無害ですが食品ではありません。開封後は、効果がなくなりますので、廃棄してください。 < 本商品について > 本商品は、着色料を使用していません。その為、原料の魚の捕れる時期や魚の大きさなどによって、色合いや形状・硬さが変わる場合があります。 本商品に白いカビのような粉末が表面に付着する場合があります。これは、魚の旨味成分であるアミノ酸です。 本商品において、素材をそのまま乾燥させた、丸干しや姿干しタイプの商品に、脂が浮き出る場合があります。これは、魚が持つ栄養成分であるDHAや EPA、タウリンを含んだ脂なので、安全です。 < 保存方法 > お買上げ後は直射日光・高温多湿の場所を避けて保存してください。開封後は、冷蔵保存し賞味期限に関わらず、早めに与えてください。 メーカーHPより

  • ¥ 756
  • 噛む力が強いタイプのコには特に、大きく割れたり飲み込んで詰まったりするのが心配な、噛むおもちゃ。 細かく崩れるので、飲み込んでもそのまま出てくるそうです。 ベビー用品の基準で作られているそうなのでセレクトしています。 材質 木、ポリプロピレン 原産国 中国 サイズ W2×D2×H10.5cm 重量 18g 商品説明 ワンちゃん大好き、自然な木の香り! 天然木チップを新技術で固めた 丈夫&安全なスティック! 噛んでも突起が出来にくく、徐々に細かく削れてささくれ立つことはありません。 噛みたい欲求の強いワンちゃんのストレス解消にもおすすめ! お手入れ方法 固くしぼったやわらかい布で拭き、よく乾かしてからご使用ください。

  • ¥ 972
  • SOLD OUT
  • 噛む力が強いタイプのコには特に、大きく割れたり飲み込んで詰まったりするのが心配な、噛むおもちゃ。 細かく崩れるので、飲み込んでもそのまま出てくるそうです。 ベビーの基準にそって作られているそうなので、セレクトしています。 材質 木、ポリプロピレン 原産国 中国 サイズ W3.5×D3×H13.5cm 重量52g 商品説明 ワンちゃん大好き、自然な木の香り! 天然木チップを新技術で固めた 丈夫&安全なスティック! 噛んでも突起が出来にくく、徐々に細かく削れてささくれ立つことはありません。 噛みたい欲求の強いワンちゃんのストレス解消にもおすすめ! お手入れ方法 固くしぼったやわらかい布で拭き、よく乾かしてからご使用ください。

  • ¥ 1,080
  • 国産 ドライ馬ラングス スライス】 無添加ドライトリーツ。 新鮮な国産の馬肺をスライスし、風味を損なわないよう丁寧に乾燥しました。 ふわふわサクサクの食感で体積に対し低カロリーな為、体重の気になるワンちゃんにもお薦めです。 薄くスライスしてあるので簡単に割れ、小型犬にも与えやすいです。

  • ¥ 1,188
  • 【国産 ドライ馬肉パーフェクト スティック】 試行錯誤の上、作り上げた逸品! 一般的なドライトリーツとは一線を画す栄養価! 無駄な添加物や着色料などはもちろん一切使用していません。 当店の看板商品、国産馬の赤身肉・内臓・骨の髄などをミックスした"馬肉パーフェクト"を贅沢にじっくり乾燥した究極のドライトリーツです。 持ち運びの自由が利かない冷凍の生肉は自宅での使用に限られていましたが、 ドライの状態なので冷解凍の手間が省け、使用する場面が増えました! ご主人のおでかけ中のお留守番食に!旅先でもパーフェクトを与えたい!災害時の携帯食代わりなどなど。 もちろん、細かく割りやすいのでご褒美・おやつにも。 是非お試しください! 【原材料】:馬肉赤身、馬レバー、馬ハツ、馬肺、馬脾臓、馬腎臓、馬骨、馬軟骨 【原料原産国】:日本 アルゼンチン 【製品加工国】:日本 【賞味期限】:180日

  • ¥ 700
  • ヨーロッパ最大のヤギミルク専門メーカーです。 オランダのヤギミルクは、優れた品質、色や味の為に有名です。行政の厳しい検査によって、品質は保証されています。 飼料は認められた原料のみを使用し、生育に抗生物質や成長ホルモン剤も使用していません。国際的なオーガニック認証の他、厳しい品質管理を規定した認定を数多く取得しています。 オランダ産ヤギミルク(粉乳)は乳脂肪が31%もあります。保存材等無添加・無調性の100%ヤギミルク全脂粉乳です。 オランダ産ヤギミルクは食いつきが良く、水溶性にすぐれ、ヤギミルクの臭みもありません。人用ミルクですので、試飲いただくと、その品質がおわかりいただけます。 ヤギは、雑草、木の葉や樹皮・低木も食べるので乳に含まれる成分は、牛乳と比べて多種多様の微量元素・ビタミン・ミネラルが含まれています。タウリンは牛乳の20倍もあります! ヤギミルクは、母乳にとても近いので、昔は乳児に飲ませていました。最近ではペットにヤギミルク、というのも人気です。 アメリカの家庭では、離乳後「やぎミルク」を子供に飲ませる、という親が増えているそうです。子供たちが小さい内に栄養を与えた方が、丈夫な体に育つと考えられるからです。 1頭のヤギから1日に搾れるミルクの量は約1L(リットル)。牛乳のように大量に搾れない希少なものなのです。山羊の乳は優れたミルクで、栄養価が牛乳と比べて高い上に、脂肪球が小さいのが特徴です。だから牛乳のようにお腹がゴロゴロしません。 同時に体脂肪を燃焼させる乳です。ヤギミルクには体内で燃焼されやすい中鎖脂肪酸が多く含まれているからです。というわけで、「ヤギミルク」は育ち盛りのお子様からお年寄りの方まで安心して飲んでいただけます。 オトナのヤギミルクとは 山羊乳から脂肪を抜いたミルク。 低カロリー・高栄養の為に、特にシニア・高脂肪のいぬ・ねこにお奨めします。 夏は氷やゼリーにしたり、冬は温かい飲み物として、水分を摂らせたいコにはおすすめです。

  • ¥ 1,650
  • ヨーロッパ最大のヤギミルク専門メーカーです。 オランダのヤギミルクは、優れた品質、色や味の為に有名です。行政の厳しい検査によって、品質は保証されています。 飼料は認められた原料のみを使用し、生育に抗生物質や成長ホルモン剤も使用していません。国際的なオーガニック認証の他、厳しい品質管理を規定した認定を数多く取得しています。 オランダ産ヤギミルク(粉乳)は乳脂肪が31%もあります。保存材等無添加・無調性の100%ヤギミルク全脂粉乳です。 オランダ産ヤギミルクは食いつきが良く、水溶性にすぐれ、ヤギミルクの臭みもありません。人用ミルクですので、試飲いただくと、その品質がおわかりいただけます。 ヤギは、雑草、木の葉や樹皮・低木も食べるので乳に含まれる成分は、牛乳と比べて多種多様の微量元素・ビタミン・ミネラルが含まれています。タウリンは牛乳の20倍もあります! ヤギミルクは、母乳にとても近いので、昔は乳児に飲ませていました。最近ではペットにヤギミルク、というのも人気です。 アメリカの家庭では、離乳後「やぎミルク」を子供に飲ませる、という親が増えているそうです。子供たちが小さい内に栄養を与えた方が、丈夫な体に育つと考えられるからです。 1頭のヤギから1日に搾れるミルクの量は約1L(リットル)。牛乳のように大量に搾れない希少なものなのです。山羊の乳は優れたミルクで、栄養価が牛乳と比べて高い上に、脂肪球が小さいのが特徴です。だから牛乳のようにお腹がゴロゴロしません。 同時に体脂肪を燃焼させる乳です。ヤギミルクには体内で燃焼されやすい中鎖脂肪酸が多く含まれているからです。というわけで、「ヤギミルク」は育ち盛りのお子様からお年寄りの方まで安心して飲んでいただけます。 夏は氷やゼリーにしたり、冬は温かい飲み物として、水分を摂らせたいコにはおすすめです。